最近の若者は恋愛に対して消極的だという話も聞きますが、それでも恋人がほしいと思っている人は沢山いるはずです。
では恋人を作るために何をすべきなのかを、きちんとわかっているでしょうか。
今回は恋人作りのためにやっておきたいことをご紹介します。

異性の友達を作る

恋人になる女性以外と仲良くする気はないという硬派な人もいるかもしれませんが、女友達がいることでのメリットというのはたくさんあります。
まずは異性に慣れることが出来ますよね。
いざ好きな人が出来ても、上手く話せなければお互いに気まずい雰囲気になり、その後の進展が望めません。

女性というものに慣れておけば、少なくとも異性と話すということに対する緊張は和らぎ、また女性がどのような会話を好むかなどを知ることが出来るでしょう。
それだけではなく、特に男性は女性に対して必要以上に神聖視している節があります。
そのため実際の女性の行動を見て勝手に失望することもありますが、前もって知っておけばそういった事も起こりません。

また異性の友達が多いと、女性から良いイメージを持ってもらうことが出来ます。
女友達がいる=女心がわかっていると言ったところでしょう。
それから、女友達がいれば恋人候補を紹介してくれる可能性も高いです。

友達の友達と付き合うことになりますから、気も使いとは思いますが、出会いのチャンスは確実に増えるはずです。

自分磨きをする

ただ漫然と女性との出会いを待っていてはいけません。
運命の女性と出会ったときに、上手く事が運ぶようにするためには、それまでに自分磨きをしておかないといけないでしょう。
俗っぽいかもしれませんが、経済力をつけることも一つの自分磨きです。

お金に煩い人とは付き合いたくないと思うかもしれませんが、相手が謙虚な人であっても、お金があるに越したことはありません。
2人で遊びに行ける幅も広がりますし、周りからの目も変わります。
恋愛の先に結婚を考えているのであれば、経済力は無視できない要素です。

また見た目も気を使いましょう。中身が大事とはいえ、見た目が悪いと中身を知ってもらう前に離れていってしまいます。
無理に格好つける必要はありませんが、清潔感にだけは気を配っておいてください。
一気に変えるのではなく、少しずつ変えていけばいいでしょう。

それからコミュニケーション能力も磨きたいところです。
様々なシーンで言われることではありますが、人と人がつながりを持つにあたって、コミュニケーション能力はあるに越したことはありません。
どれだけお金があっても、どれだけ見た目が良くても、上手くコミュニケーションが取れなければ、相手はストレスを感じますから、コミュニケーション能力が足りないと思う人は、まず相手の話を聞くところから始めてみてください。

異性を紹介してもらうコツは何か

恋人を見つけるにあたって、最も簡単な方法の一つが、友達などに紹介してもらうことでしょう。
しかしよほどのおせっかい好きでない限り、何も言わない人に足して、異性を紹介してくれることはありません。
だったら、おせっかいと仲良くなればいいではないかという方向でも考えられますが、おせっかいな人は少し面倒な部分もありますから、出来ればそうでない友達からでも紹介してもらえた方が良いでしょう。

それにあたって、恥ずかしがらずに恋人を探していることを伝えておく必要があります。
しつこく話すと気分を害されると思うので、たまに言っておくだけでもいいでしょう。
自分が恋人募集をしていると知ってもらえると、相手も何かあったときに教えてくれやすいです。

人脈を広げる

数うちゃ当たるではありませんが、紹介してくれる可能性がある人が多いほど、異性との出会いも増えるでしょう。
そのため、新しい人脈を作ることは大きな手段と言えます。
ですがなかなか人脈って増えないですよね。

少なくとも、仕事場と家とを往復しているだけでは増えようがありません。
そこで1つ覚えておいてほしいのが、「誘いを断らない」です。
飲み会が苦手だという人もいるとは思いますが、行けば何かあるかもしれません。

苦手な上司に誘われて、楽しくない飲み会だったとしても、それを話題に別のところで盛り上がれるかもしれませんから、全く意味がなかったということはないでしょう。
新しい出会いはなくても、誘ってくれた人と親しくなることで、別の出会いにつながるかもしれません。
苦手な上司の話で盛り上がって、職場の女性と仲良くなれるかもしれません。

こういった事は、行かないと起こり得ない事です。
人脈を作るには、人と何かしら関係を持たないといけませんから、そういったチャンスは逃さないようにしましょう。

出来るところからする

いくつも紹介はしてきましたが、一気にすべてをやろうとはしないでください。
おそらく全部中途半端で終わってしまいます。
そうならないように、一つ一つ自分の出来そうなところから、変えていってはどうでしょうか。

関連記事