社会人になって、異性との出会いが希薄になり、女友達はもちろん異性を紹介してくれる友人もいないとなったら、恋愛をするのは極端に難しくなります。
習い事を始めてみたり、サークルに入ってみたりする方法もありますが、ナンパというのも意外と一つの手段として見ていいのではないでしょうか。
そういうわけで、ナンパを成功させるテクニックをご紹介します。

ナンパを成功させる要素

ナンパをやったことない人も多いとは思いますが、ナンパを成功させるにはどんな要素があると思いますか。
5つも6つもあるように思われるかもしれませんが、大きく3つの要素しかないんです。
それではその要素を一つずつ見ていきましょう。

声をかけた数が成功につながる

ナンパをするわけですから、声をかけないと話になりません。
またナンパというのはかなり成功率が低いものだということを頭に入れておいてください。
そうなると1人2人声をかけた程度で諦めていては仕方がないということがわかるでしょう。

成功率にして数パーセントの世界です。逆に言うと100人に声をかけたら、数人は話を聞いてくれます。
ナンパとはその数人と出会うための方法だと考えてください。
99人に無視されようと、1人が話を聞いて連絡先を交換してくれたら成功です。

とはいえ、1日に100人も声をかけることは無理でしょうから、10~20人ほど声をかけて気長に待つというのが現実的でしょう。
しかし実際やってみると、1人に声をかけて無視されて落ち込んで、立ち直るまでに時間がかかって、また声をかけてと結局数人にしか声をかけられなかったということもあります。
声をかけられないというのは、ナンパをするにあたっては致命的ですから、そうならないように誰かとやるのが良いでしょう。

仲間がいるというだけではなく、もう一人に声をかける女の子を選んでもらうことで、話しかけるしかない状況を作り出すことが出来ます。

興味を引くために外見を磨く

顔の造形は変えられないと思いますから、ファッションに気を使ったり、筋トレをしたりして外見を良くしましょう。
凄腕のナンパ師ほど、毎シーズン新しい服を買いに行き、髪のセットに時間をかけ、ジムに筋トレに言っています。
ナンパというのはほぼほぼ第一印象ですべてが決まります。

声をかけて女性が自分を見た時に、この男には興味がないと感じた瞬間そのナンパは失敗です。
ちょっと足を止めて話をする時間を得られたとしても、何を言っても変わらないでしょう。
そのため外見を磨くことはとても大事なことです。

イケメンではなくても、パッと見てセンスが良かったら興味を持ってくれるかもしれませんし、体が引き締まっていれば興味を持ってくれるかもしれません。
第一印象ですべてが決まるようなナンパですから、少しでも興味を持ってくれる確率は上げておきましょう。

何といっても会話力

声をかけて、第一印象で興味を持ってもらって、そこから先につながるのが会話力です。
言わずもがなといったところですが、会話力と言っても芸人のようにプロ級の会話力は必要はありません。
極端な話、すでに挙げた二つを極めていれば口下手でも成功します。

必要なのは出来るだけ自然体でいることです。
普通に友達と話すような感じですね。
友達と話すときに、いちいち「場を盛り上げないと」と思って話している人はいないでしょう。

変に力が入ってしまうと、場がしらける可能性もありますし、必死さが相手に伝わってマイナスになることもあります。
それに友達とつまらない話をすることはあまりないのではないでしょうか。
なんとなく面白いことがあったから、適当に話してみたら、相応のリアクションが返ってきて盛り上がるのだと思います。

全く同じでいいというわけではないですが、それくらい肩の力を抜いていて良いでしょう。
難しく難しく考えるから、逆にドツボに嵌るのです。
とはいえ、ただでさえ知らない人に話すのは緊張するのに、無策でいくとより話せなくなるという人もいるでしょう。

そういう時には、まず警戒心を解くように意識して話してください。
いきなり話しかけてきた男性に対して、警戒心を持たない女性はいません。
とりあえずキャッチなどではない事を示すうえでも、自分の身元を明かすのもいいでしょう。

それから笑いです。警戒心や緊張を取るには、笑いが一番です。
笑いと言っても芸人がするような、難しい笑いではなく、ちょっとクスッとできるような中身もなく、下らない、レベルの低いものでいいです。
警戒心が解けて、相手も話してくれるようになったら、相手の話を聞いて共感すればお茶くらいはしてくれるでしょう。

厳しい道には違いないが

見た目に気を使ったり、どんな会話をしたらいいのかわからなかったりとはっきり言って簡単なものではありません。
しかしどちらであっても、ナンパ以外に役立つ能力には違いないでしょう。
むしろ、ナンパで自身が付いたら、また別の方法で恋人を探すのもいいかもしれませんね。

関連記事